LEXON Spirit 2022(SCOTT sparkコピー)

MTB

SCOTT sparkというと、オリンピックイヤーの昨年デビューして、東京オリンピック男子に大量投入してきたSCOTT肝入りのバイクなわけだけど、さっそくLEXONからコピーインスパイアバイクが出た。

名前

LEXON Spirit 2022

https://s.click.aliexpress.com/e/_DFAZRD1

本家のLEXON(BKR Bikes)のサイトには掲載が無いが、Aliexpressのオフィシャルストアには載っている。

写真

写真見るとまんまSCOTT sparkなんですが…。Rユニットをダウンチューブに隠した特徴的なデザインももちろん踏襲。もしかして金型の流用?

というか宣材写真、Sparkのを加工して使ってるよね?大丈夫?3Dプリンターで作ったと思しき写真はあるが、本物の写真が無いような気がする…。とりあえずプレオーダーだけ受けるとかなのか?

ジオメトリー(M)

ジオメトリーは2022年のSpark RCと比較してヘッドチューブ長がわずかにLEXONが長いくらいでほぼ同じ。ダウンカントリータイプのSpark 900とはだいぶん違う。

LEXON Spirit

SCOTT spark RC
2022

SCOTT spark
900 2022

TT(Horizontal)

590

590

589

ST Angle

76.1

76.1

75.9

HT Angle

67.2

67.2

65.8

CS

437.5

437.5

437.5

BB

45

45

43.5

WB

1156

1159

1174

HT Length

102

90

90

Reach

440.9

441

440

Stack

602.5

602.5

607.5

重量

Sparkにはカーボンの種類と積層違いで3タイプがある。LEXONはユニット含めた重量しか公開していないが、サスユニット抜きの推定重量は2160g。Sparkだと一番安価なHMFグレードと同程度

LEXON Spirit

2500g(うちサス340g)
2160g(
計算上)

SCOTT spark(HMX SL)

1870g

SCOTT spark(HMX)

1999g

SCOTT spark(HMF)

2150g

自分のFM936は1950g(Sサイズ公称)なのでフレックスピボットのフルサスフレームってだいたいこれくらいのレンジだと思う。

値段

日本だと完成車のみの展開だが、廉価版のHMFフレームにSRAM NXコンポのもので\515,900(税込)。来年モデルはきっとがっつり値段上がりするんだろうな。。。

SPARK RC COMP / 2022
ITEM : 286256SIZE : S - MWEIGHT : 12.5Kg (Tubless setup) ※新型コロナウイルス関連に

一方LEXONはフレームセット¥ 164,242(リアユニット込み)
リアユニットを5万円と考えれば、フレーム単体は11万円前後か。

ビルド

仮に自分が組むなら…というビルド例

ブランド

価格

フレーム

LEXON Spirit 2022

164,242

フォーク

SR Suntour AXON

50,000

ホイール

Carbonda

\81,600(600)

グループセット

Wheeltop EDS

\49,640(365)

タイヤ

MAXXIS ICON

\10,000

クランクセット

Shimano SLX

\10,000

BB

Shimano

\2,000

ハンドル

UNO

\2,000

ステム

UNO

\2,000

ドロッパーシート

KS

\12,000

サドル

中華

\2,000

グリップ

中華

\1,500

ブレーキレバー/キャリパー

Shimano SLX

\22,000

ブレーキローター

Shimano

\5,000

ペダル

中華

\1,500

合計

\413,482

※1ドル136円換算
高い…。ホイールとグループセットをもう1ランク落としたとしても35万前後。
SCOTT spark最廉価版買う方が幸せになれそう。2023年モデルで大きく値上がりしたら別だけど。

ていうか俺なら¥389,000のキャニオンLUX Trail CF6買うわ

Lux Trail CF 6
クロスカントリーとダウンヒルが融合したカテゴリーであるダウンカントリーでは、上りでの高効率と、下りでの高性能を両立することが求められます。Lux Trail CF 6(ラックストレイル CF 6)は、そうした条件を確実に満たしています。

まとめ

まんまSCOTT sparkコピーだし、知財権とかどうなってるのか気になるところではある。が、久しぶりに中華系のアグレッシブさを感じた1台。中華系ダウンカントリーバイクはFM936が有名だけど、ここへきてライバル登場か?!見た目もハイテクだし、フレームセットのコスパ自体はそこまで悪くない。FM936よりショートリーチなので取り回しも良さそう。

LEXON(BKR)自体はだいぶん以前からフレームを作ってるし、ものは良いだろう。王滝のようなマラソン系や、エクストリーム色の少ない里山ライドには良いかも。

とはいえ円安+値上げが進んでて、以前のような中華カーボンで爆安!みたいな状況ではない。パーツが手元に揃っている、あるいは安価に手に入る伝手がある、とかじゃないとコスパを追求できないな。。。世知辛いっす。

コメント

タイトルとURLをコピーしました